マヌカハニーアトピー効果

マヌカハニーのアトピー効果

マヌカハニーのアトピーへの効果

マヌカハニーはアトピーに効果があるハチミツだとされています。

 

 

普通のハチミツ自体が、砂糖の変わりになる甘味料になるとされています。
ヨーグルトに砂糖を入れるより、ハチミツを入れたほうが健康にいいとされています。

 

アトピーの人には砂糖が悪いので、ハチミツを砂糖の変わり利用するのが、アトピー対策として効果的だといわれています。

 

マヌカハニーは単純に考えてハチミツの質が高いものといえます。
味もハチミツより濃い甘みのものが多いので、砂糖の変わりにマヌカハニーを使うのもおすすめです。

 

 

マヌカハニーがアトピーにいいというのは、肌に塗る点、食べて体の中から改善する点、両方で期待が持てます。

 

マヌカハニーは殺菌力が高いので、食べることで体の中の悪いところを治してくれる期待が持てます。
腸が弱っているから、免疫力が落ちているから、アトピーの原因はそういう点にあるともいわれています。
マヌカハニーを食べることでアトピーが改善する可能性はあるでしょう。

 

マヌカハニーを塗るのも高い殺菌力により、アトピー箇所が改善する可能性があります。
マヌカハニーはアトピーだけに効果があるというわけではなく、マヌカハニーを使った化粧品も多いです。

 

海外のアトピーグッズとして有名な保湿クリームのホープスリリーフクリームにもマヌカハニーが配合されています。

 

 

マヌカハニーによってアトピーが治るかどうかはわかりませんが、アトピーに良い影響があるものだというのはわかります。
ただマヌカハニーは1歳未満のあかちゃんに食べさせるのは危険です。

 

マヌカハニーは自然のはちみつですから、ボツリヌス菌が配合されています。
ある程度成長し胃酸がちゃんとしているのなら、ボツリヌス菌は死菌となるので心配ありませんが、赤ちゃんの胃酸はそこまで強くありません。
赤ちゃんは消化に悪いものを食べると、便でそのまんまの形ででてくることもありますよね。
赤ちゃんの胃酸は食べ物の消化だけではなく、菌を死菌にさせる力も弱いです。

 

マヌカハニーだけではなく、天然のハチミツも1歳未満の赤ちゃんに与えるのは危険だとされているので注意してください。
特にアトピーは赤ちゃんにでやすい症状なので、赤ちゃんにマヌカハニーを食べさせたく思う人もいるでしょう。
赤ちゃんにはマヌカハニーでのアトピー対策はしないほうが無難です。

 

もし知らずに赤ちゃんにマヌカハニーを食べさせてしまっても、そこまで心配する必要はないでしょう。
でも、マヌカハニーを赤ちゃんに食べさせるのが危険なことだとわかったのなら、そこでマヌカハニーを赤ちゃんに食べさせるのはやめましょう。

マヌカハニーのアトピー効果記事一覧

マヌカハニーでアトピーがよくなる?アトピーの自分が食べてみた

自分はアトピーです。もうずいぶん長いことアトピーだったりします。マヌカハニーがアトピーにいいということで、食べてみました。アトピーに塗る人もいるようですけど。自分は塗りませんでした。マヌカハニーを食べてアトピーがよくなったのかといえば、当然ですがそんなにすぐによくなったりはしませんでした。でもマヌカ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ