マヌカハニーのピロリ菌抑制 胃との関係

【マヌカハニー】ピロリ菌抑制 胃との関係!除菌はできない

マヌカハニーはピロリ菌を抑制する効果がある!胃潰瘍や胃がん予防

 

マヌカハニーは健康に良い高級ハチミツとされています。

 

マヌカハニーの最近注目されている効果として

 

ピロリ菌を抑制

 

する効果があげられます。

 

 

ピロリ菌は胃の奥に住み着く菌です。

 

説明すると長いんですけど。
普通に考えると胃酸でピロリ菌は死菌になります。
なので普通に考えれば、胃にピロリ菌が住み着くことなんてないんですよ。

 

でも小さい頃は胃酸がまだ弱く、うまく胃酸を通り抜けたピロリ菌が胃にすみついてしまうわけです。
そうなると今度は胃酸の奥に、ピロリ菌としてはいい住処が出来てしまうんですよ。

 

 

なので大人になってからピロリ菌の心配はあまりしなくていいんですけど。
小さい頃は井戸水なんかは気をつけたほうがいいと思います。

 

昔は日本の下水事情が整っていなかったんですよ。
その関係で、今の大人は胃にピロリ菌が住み着いてしまっている人がいます。

 

でも、今は下水事情が整っています。
日本は水道水が飲める国ですよね。
なので、今の日本人はピロリ菌はあまり気にしなくていいと思います。
まぁ海外行ったら少し気をつけたほうがいいかと。

 

 

にしても、日本では水道水が飲めるのみミネラルウォーターを買う人がいるわけで。
ある意味すごく感じます。

 

でも海外に行く人が多い人は、ミネラルウォーターを飲む習慣をつけているほうが違和感がないかもしれません。
水道水を飲んでいる人にとっては、海外旅行での水道水には気をつけたいところです。

 

 

 

 

 

ピロリ菌は高齢者が保有している

ピロリ菌は年齢とともに保有する人が増えます。
50歳以上の人になると、ほとんどの人がピロリ菌を保有しているといわれています。

 

これは昔の日本は下水道が整っていないので、ピロリ菌を含んだ水を小さい頃に飲んだからですね。

 

 

ピロリ菌を保有していると

  • 胃炎
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃潰瘍
  • 胃がん

こういった症状にかかる危険性があるとされています。
昔は40歳〜50歳ぐらいになると、これらの症状にかかる人が多かったとされています。

 

 

特に男性のほうに、胃にかかわる症状があらわれる人が多かったです。
男性はピロリ菌以外にも、これらの
胃に関わる症状になる可能性が高い要素がある
と考えられていて、ピロリ菌がいると、注意する必要があります。

 

女性にピロリ菌がいないというわけではなく、なぜか女性より男性が胃にかかわる症状はでやすいとされています。

 

 

 

今はピロリ菌の心配はほとんど必要なし!

最近は生活が衛生的になったこともありピロリ菌の心配はほとんどなくなりました。

 

ピロリ菌保有者の数は減り、これらのピロリ菌が原因で
胃の症状にかかる人は減少してきていると言われています。

 

それでも、現在でもピロリ菌による、胃炎や胃潰瘍に悩む人はいます。
胃がんの予防として、ピロリ菌を除去したり抑制することは重要だとされています。

 

 

マヌカハニーのピロリ菌抑制効果が注目を集めるのは

 

他にピロリ菌対策となりうるものが多くはない

 

からだと思います。
ピロリ菌に効果があるものが、マヌカハニー以外にはそれほど多くないわけです。

 

明治が販売しているLG21プロビオに、ピロリ菌抑制効果があるとされています。
有名なところではそれぐらいかもしれません。

 

 

胃の調子が悪かったり、検査をしてピロリ菌がいることがわかったのならマヌカハニーを続けてみるのもいいと思います。

 

 

根本的にマヌカハニーは健康にいいものなので続けて損がないところがいいですよね。
マヌカハニーを食べ続けても、実際ピロリ菌に効果がでているのかは実感しづらいと思います。
自分の体内のピロリ菌がどうなっているのかなんて検査でもしないかぎりはわかりませんから。

 

 

それでもマヌカハニーは健康にいいものなので
ピロリ菌が気になる年齢になると、健康のほうも気がかりになってくるでしょう。

 

そういう点で、ピロリ菌対策としてマヌカハニーを食べるのは健康にも良い効果が期待でき、良いものだと思います。

 

 

 

 

 

マヌカハニーではピロリ菌の完全な除菌はできない

マヌカハニーはピロリ菌に有効だとされていますけど。
完全な除菌はできません。

 

 

ピロリ菌を除菌するためには病院に行って薬で除菌する必要があります。
ただ、薬で除菌できるんですけど、保険を適応するためには、胃カメラなどをしないといけません。

 

そしてピロリ菌が本当にいるのかどうか、検査をする必要もあるので
病院に行って
「今からピロリ菌の除菌がしたい」
と言っても、保険が適応されないですし、ピロリ菌がいるかどうか病院側としては確かめたいと思うので、無理をいうのは禁物です。

 

 

そもそもピロリ菌がいるのか検査しないと、ピロリ菌除菌薬を飲んでも、元からピロリ菌がいないのだからどうにもなりません。
そしてピロリ菌除菌薬は、胃酸を弱めそこにピロリ菌をやつける薬を飲むものなので、ちょっと不安があります。

 

なのでやっぱり病院としては

  • 保険を適応するために胃カメラ
  • ピロリ菌がいるのかどうかの検査

この2つはやりたいところです。

 

 

いくら患者が
「胃にピロリ菌がいるから薬で除菌してくれ!」
といっても、段階を踏んでいかないと除菌薬をくれることはないと思うので、注意してください。

 

病院のほうも、困った患者がいて戸惑っている記事があった気がします。
一時期テレビで
「ピロリ菌が危険!」
なんて、わーわーやるから、それをみてピロリ菌の除菌をしに病院にくる人が増えたようです。

 

 

マヌカハニーはあくまでもピロリ菌を減らしたり、抑制したりする効果であって。
完全な除菌はできないとされています。

 

いわゆる、胃が痛むときにマヌカハニーが良い。
ピロリ菌を除菌した後の、胃に良い影響を与えるためのマヌカハニーぐらいで考えると良いと思います。

 

 

ただピロリ菌って注目されていますけど。
ピロリ菌がいても、なにも問題ないのならそれほど心配しなくていいと思います。
もし胃が痛むことが多いようなら、もちろん除去するのがいいと思いますが。

 

「ピロリ菌がいるかも」
なんて思って生活するのは、不安からのストレスでそっちのほうが体調に影響を及ぼすかと。

 

 

でもそう思ったらやっぱり心配になったら、ピロリ菌の検査&除去に踏み切ったほうがいいのかもしれません。
たしか胃カメラしないと保険出ないと思いますけど。

 

でもそう聞くと
「胃カメラするぐらいなら、いいわ!」
って人もいそうですが。

 

胃カメラはむしろ一度しておいたほうがいいかもしれませんね。
もしかしたら胃になにか異常があるかもしれないので。

 

 

 

 

 

期待薄な気がする

自分的にはピロリ菌のためにマヌカハニーは、いまいちだと思っています。
まぁ少しはいいのかもしれませんけど。
マヌカハニーがそこまですごいとも思えませんし。

 

マヌカハニーでピロリ菌がどうにかなるぐらいなら。
もっと前にピロリ菌が死菌になっていてもおかしくないような。

 

 

それはピロリ菌がすごいとかではなく。
人間の胃酸って、やっぱりそれなりのものがあるというか。

 

人間って胃酸が強いから、守られているっていうかな。
ピロリ菌はその胃酸の奥に住み着いているわけで。

 

 

マヌカハニーでピロリ菌がどうにかなったのなら
【胃酸が弱くて頼りない】
ってことで、逆にほかの病気が心配になると思います。
食べ物食べるのこえーわ。

 

お寿司とか、生魚(刺身)食べるのも怖いでしょ。

 

 

だから、マヌカハニーでピロリ菌っていうのは。
そんなに期待できない気がします。

 

もし本気でピロリ菌が気になるのなら。
病院に行き、胃カメラして、そしてピロリ菌がいるようだと判断されたのなら。
除菌すればいいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ